梅雨明けをタムキューで写す【EOS 5D mark Ⅲ & Tamron SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 272E 】

この記事は約3分で読めます。

先日、所用で自転車を漕いで出かけていました。

この日の天気予報は前日位まで曇りのち雨だったと記憶しているのですが、当日は晴れ というより真夏日。炎天下の中、自転車を走らせました。

ふと空を見上げると青空に入道雲らしきものが。梅雨明けは近い…?

※この記事を公開した日に梅雨明けが発表されました。やっぱりね!

もちろんカメラを持っていたので、所用が終わった後ぶらりと写真を撮りました。

今回のテーマ

今回のテーマは「夏または梅雨明け」。

先日までどんより曇り空の下で撮ってたので、一転して「サマーッ!!!」と叫びたい感じの、カラッとした写真を撮りたいなぁと。

梅雨明けの夏を探す

が、梅雨明けとテーマに入れたは良いですが、それを写真で表現するのは中々難しいことに気付きました 。よし、細かいことは気にしない!

目の前の入道雲を2枚。やっぱり夏と言えば入道雲ですね。

雲って大きいようでカメラを通して見ると意外と小さいです。なので街中では余計なものを省ける中望遠レンズがちょうど良いです。

道端にうわっていた小さめのヒマワリ。

まさか町のど真ん中で見かけるとは思わなかったのでパシャリ。これも夏!って感じですよね。

夏の日差しに晒された葉っぱ。順光でも逆光でも爽やかな感じで。

タムキューの解像力の高さが伺えました。

道端のお花。順光で明るい感じに撮ってみました。

ちょっとトリミングしてます。

網の向こうに良い形の雲が見えました。

一時期流行った猫除け。珍しいので写真に納めました。これって効果あるんですかね…?

ここらへんでいい加減暑くなってきたので終了。夏の晴れの日は爽やかな写真が撮れるので楽しいんですが、いかんせん熱中症に注意しないといけません。

私は水筒と塩タブレットを持参してます。

こまめに水分と塩分を補給しましょう〜。

今回使ったカメラとレンズ

使用したレンズはTamron SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 272E、いわゆるタムキューの等倍の古いやつ。

それをCanon EOS 5D mark Ⅲに付けました。

テーマ決めは大事 大阪梅田をタムキュー(Tamron SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 272E)で撮るで書いた通り、今回フードなしで使ってみました。今回撮ってる最中は一切問題が起こりませんでした。

タムキューのフードはプラスチック製なので軽いのですが、いかんせん中望遠レンズ用だからか、サイズが大きいんです。そのため、フードを外すと携帯性と取り回しやすさがかなり向上します。

この写真をご覧いただくとお分かりになると思いますが、最前面のレンズ自体が奥まっています。なので真正面から光が入らない限り大丈夫な感じですね。

また、保護フィルターもあまり必要ないと感じました。むしろガラス一枚増えることにより要らない光を捉えるかも? ですので今回は保護フィルターも外しています。

もちろん用途によってはフードもフィルターもあった方がいい場面もあると思いますが、今回のように身軽に動き回りたい時はフードとフィルターを外して使ってみようと思います。

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました