Macbook Air M1のバッテリーの持ち(Lightroom2時間ガッツリ使用)はどれだけか?

この記事は約3分で読めます。

Macbook Air M1を購入してから、お古のMacbook Pro (mid2014)との性能の違いを触るたびに見せつけられ、驚きの日々です。

まず気付くのは満遍なく高性能であることなんですが、外に持ち出して使っていて気づいたのがバッテリーの持ち

今回はMacbook Air M1のバッテリーの持ちについて実感したことを書いていきます。

YouTube始めました!

Macbook Air M1のバッテリーの持ちはどれくらいか

お古のMacbook Proだと、バッテリーのヘタレもあるかとは思うんですが、正味3時間持つか持たないか。

さてMacbook Air M1はというと…Apple公式ではなんと18時間!

正直眉唾ものな気もしますが、実際外に持ち出して使用してみたところ、あながち間違っていないことに気がつきました。

どんなもんかというと・・・2時間の使用でバッテリー消費量たったの11%!

フル充電で使用し始めて、作業終わりにスクショ。お古のMacbook Proだと半分以下になってる段階。

ではどんなソフトを使っていたかという話。

どんなソフトを使用していたか

では外に持ち出してMacbook Airを使っていた時、どんなソフトを使用していたか。

使っていたソフトは

  • Adobe Photoshop 2022
  • Adobe Lightloom Classic

の2本です。

Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) with 1TB|12か月版|Windows/Mac対応|オンラインコード版
アドビ
¥23,760(2021/12/28 22:16時点)
フォトプラン(Photoplan)は、写真やイラスト加工のPhotoshopと写真の管理・共有に便利なLightroomがセットになった商品

基本動作としては、LightroomでRaw現象し、Photoshopで仕上げというフロー。

使用量としてはLightroom8割、Photoshop2割といった感じ。

どちらも大変スムーズに動作し、10枚ほど写真を仕上げました。(遅)

この2時間程度の作業でバッテリー消費量がたった11%は正直驚きですよね。

想定では、いくらなんでも30%くらいは削れるかなぁ?くらいでしたし。

まとめ:M1チップは公式が謳う通りの低電力性能でした。

M1チップは高性能であると同時に、電力消費がかなり抑えられているんですね。

これまでは常に電源を繋げていないとかなり不安で、ほぼ自室に置きっぱなしでした。

でも、これからは全く気にせずどこでもMacを使えます。これはかなり嬉しいです。

一昔前は、公式が謳う性能って、ちょっと盛りすぎでは?

と思うこともしばしばありましたよね?

でも実際にMabook Air M1を外で使用してみて、

最近はあながちそうではなくなってきてるのかも・・・。と思った次第でした。

この記事が、Macbook Air M1を購入しようか迷っているあなたの一助になれば幸いです。

Tips : Macbook Air M1をお得に買うには。

毎年買い換えるし吊るしでいいや、という人限定ですが、吊るしで買うならAmazonがお得です。

AmazonでMacbook Air M1をお得に買う方法
  1. Amazonプライム会員になる
  2. Amazonポイントをチャージする
  3. Macbook Air M1をAmazonポイントで購入する

Amazonポイントをチャージするというのがミソで、Amazonプライム会員であれば90,000円以上で2.5%チャージもらえます。(通常会員でも2%)ちょうどMacbook Airの値段が10万円ちょいですね。

それではまた。