EF50mm F1.4 一本で神戸・海岸通地区を歩く

この記事は約3分で読めます。

前回前々回と50mm単焦点一本で神戸を「ディスタゴン・・・ディスタゴン・・・」と呟きながらスナップしてきたのも今回が最終回。

メリケンパークというか港湾部を散策した後、お次は神戸・海岸通にやってきました。

レンガ造りの建物が並ぶ海岸通地区

海岸通は実は通りの名前ではなく、神戸の1地区の名称です。私も調べるまでは勘違いしていました。

この地区はレンガ造りの建物が多く並んでいます。

何年建築かは調べていませんが、近代的なオフィスビルの横にレトロな雰囲気のビルが並んでいるのを見るとエモさを感じます。

今回はビルを中心に撮影したと言うこともあるのか、縦写真が多くなってしまいました。

なので、WordPressの機能でギャラリーなるものがあったので試験的に使ってみようと思います。

今回の写真は全てクリックして大きくなるように設定しているので、ぜひご覧ください。

個人的には海岸通と言えばここら辺の風景です。合っているかどうか分かりませんが。

右側に見える道路はまっすぐ行くと43号線、つまり大阪に続く道です。

神戸大阪大阪から阪神高速3号線または湾岸線でアクセスできますが、渋滞してることも多いです。

なので渋滞してても最低限の速度で動きはする43号線を通ることも時折あります。

メリケンパークの方から海岸通にくると歩道橋があるのでその上から富国生命ビル側と商船三井ビルディング側を撮ってみました。

1枚目のBMWと富国生命ビルの組み合わせが気にいっています。渋めのカラーリングですね。

歩道橋から商船三井ビルディングの方へ降りてきました。

ご覧の通りレンガ造りのビルが並びます。

どちらも縦写真です。単焦点50mm1本だけだと、ビルは縦写真がどうしても多くなってしまう印象。

やっぱりもう少し広いレンズが欲しいなぁ…。ディスタゴン…。

海岸ビルを覗くと、ウェディングドレスのショップが。

ここはいろいろなショップが入っているビルのようです。

どうやってもオシャレだなぁ。

モノクロで海岸通りを撮る

ビールなどの無機質なものを撮っていると、モノクロでも撮ってみたくなりますよね?

同じような構図が続いてしまいますが、モノクロは物の形がはっきり見えてくるので面白いですね。

普段はカラーで撮影しているのであまり要領がわかっていない初心者ですが、この日はモノクロだけで撮るぞ!と決めてスナップしてみようかと画策しています。

3枚目のブルーボトルコーヒーはネット上ではいろいろな意味で有名ですがいちど入ったことがあります。

感想としては、スターバックスの方が正直おいしいなぁといったところ。

ブルーボトルコーヒーのコーヒーはかなり酸っぱいイメージです。はっきり好き嫌いが分かれると思います。

50mm単焦点1本の行方は

3回に分けて神戸を50mm単焦点1本でスナップしてきました。

何度も記事中に登場してきたように、ディスタゴンを念頭に入れてです。

結論は正直出ていません。ぶっちゃけレンズによって得て不得手があるので、どっちが優れていてどっちが劣っていると言う話でもありません。

今回のようにビルなどの大きなものを取るときは、もっと広いレンズが欲しいなぁ…と思います。

対して、もうちょっとボカしたいなぁとか、もうちょっと望遠気味が良いなぁと思う時もあります。

50ミリは帯に短し襷に長しなところもありますが、意外とどちらもイケるので、潔くこれ1本で歩くとなんだかんだで満足できるのかなと思いました。

さて、いくつか前のの記事で書きましたが、ディスタゴンは既に手に入れています。

当然いろいろ撮り歩いているので、徐々に記事にしていきたいと思います。お楽しみに。

今回使ったレンズ

フィルター径は58mm

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました