CACTUS RF60X と V6IIでFUJIFILM X-T3をHSS&TTLで発光させる方法【鍵はファームウェア】

この記事は約4分で読めます。

最近TwitterでHSS発光についてのツイートを見て、私もFUJIFILM X-T3でHSS発光させてみたくなりました。

そもそも以前手に入れた CACTUS RF60XV6IIは、確かFUJIFILMのカメラでHSS発光が可能だったはず。

で、すぐにできるさ!と意気込んで試したが、何度も失敗。

ようやくHSS発光、その上できないと思い込んでいたTTL発光もできるようになったので、手順と注意点をメモがてら記します。

とりあえずX-T3とRF60X、V6IIで調べても試した方が全然出てこなかったので、今後同じようなことを考えて悩む人にお役に立てれば幸いです。

それでは目次。

使用機材

  • CACTUS RF60X
  • CACTUS V6II
  • FUJIFILM X-T3
  • USB接続可能なパソコン(私はMacで行ないましたが、当然Windowsパソコンも可。)
  • USBケーブル(端子形状はUSB TypeA – miniUSB Mini-B

miniUSB Mini-Bの形状はこんな感じ。デジカメ持っていたら多分一本は持っているはず・・・。

手順

ファームウェアアップデーターをDL

日本の代理店であるイメージビジョン社のサイトからCactusファームウエアアップデーター(以下アプリ)をダウンロードし、開いておく

ちなみにアプリは英語ですが、簡単なので読めると思います。

※Win版Mac版両方あり。

RF60XとV6IIをパソコンにUSB接続する

注意点は2つ。

  1. どちらも電池を抜いてからつなぐ
  2. V6IIはメニューボタンを押しながらつなぐ

ファームウェアをDLする

アプリ内のCheck for List Firmwareというボタンを押せるようになっているはずなのでそれを押して、アプリに最新のファームウェアをDLする。

ファームウェアをRF60XとV6IIに適用する。

RF60X : A08
V6II :
V62.A.001 FUJI.A.004 ※各々のメーカーの名がついたファームウェアじゃないとTTLは使えないっぽいです。

以上のファームウェアを選択してそれぞれ適用する。

もしこれらがなかった場合、時間おいたらDLされているかも。(未確認)

電池を入れてカメラに接続するとあら不思議

これでHSSとTTLがFUJIFILM X-T3でも使えるようになりました。

さらに、クロスブランドHSSという最新機能が追加されています。

これすごい(語彙力)。

ちなみにパナはオリと一緒の扱いの模様です。

またソニーはV6IIsで対応。

私が遭遇したトラブル

Q.HSSが使えると聞いたのに使えない!

A.ファームアップしましょう。

ちなみに現在のファームウェアバージョンを知るには以下の通り。

RF60X:NEXTボタン押しながらスイッチオン

V6II:AとDボタンを押しながらスイッチオン

上で書いた通りのファームになっているか確認!

Q.ファームアップしたらRF60XとV6IIが無線で繋がらなくなった!

A.ファームの世代が揃っているか確認しましょう。

リリースノートを参照し、1番上の表の右列Firmware Generationsで、Current “A” Generationsの行で揃っていればOKなはず。

そのほか、接触不良とかも気にした方が良いと耳にしました。

まとめ:定期的にファームウェアのアップデートをチェックしましょう

ストロボを購入してからしばらく経ちますが、今回初めてファームウェアがバージョンアップしていることを知りました。

というより、最初に入っていたファームが結構古いっぽい感じでした。

実は以前SIGMAのレンズを購入した時は、その時その時で最新のファームウェアがインストールされた状態だったんですよね。なので油断していました…。

今度からこういう機器類を購入する時は、最初にしっかりファームウェアをチェックしようと自戒しつつ、今回のメモは終了です。

ブツ撮り用ストロボディフューザーをワンコインで自作する方法
この記事ではワンコインでストロボ光をディフューズする道具(ディフューザー)を安く自作する方法・その使い方をご紹介します。十分効果が出るのでぜひチャレンジしてみてください。
FUJIFILM X-T3のシンクロターミナルキャップ(ストロボケーブル端子カバー)が買えるのはどこ?
FUJIFIL X-T3でよく無くす部品の一つ、シンクロターミナルキャップ(ストロボケーブル端子カバー)。当然のごとく私も無くしたので、買える場所を調べてみました。

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました